おいしい贈り物   たまプラーザの料理教室Petit Citronより

プロフィール

料理研究家 Citron ヨーコ 
田園都市線たまプラーザの自宅マンションで小さな料理教室Petit Citronを主宰しています。
レッスンでは、帰ったらすぐに作りたくなる「おうちごはん」。大切な人に食べさせてあげたい身近な素材を使った「おもてなし料理」をご提案させていただいています。

手作りの楽しさをご一緒できたら幸せです。

料理教室プチシトロン ホームページ
私生活のブログ あったか二人ごはん。
45件中   1 - 10 件表示 ( 全 5ページ )
1  2  3  4  5   

料理教室プチシトロン  2月のおうちごはん 手打ちラザニアに挑戦

2gatu おうち

寒い季節にいただきたくなるラザニア。
手打ちパスタに挑戦です♪
◆シンプルイタリアンサラダ
◆ミネストローネ
野菜の切り方、炒め方でぐっとおいしく仕上がります。コンソメを使わずに素材の味を引き出していきましょう。
◆ラザニア
生地を手うちに。ホワイトソース・ミートソースも手作りです。
口どけのやさしい、家庭ならではの味に仕上げていきます。
◆ストロベリークリーム
パスタ生地を揚げてつくるデザート。マスカルポーネクリームと生地のココアが絶妙です。


バレンタインにちなんでハートでポップな、テーブルに。
遊び心たっぷりのテーブルで本格的なイタリア家庭料理を楽しみましょう。


2010-03-27 00:40:58投稿者 : Citron ヨーコ

料理教室プチシトロン  1・2月のおもてなし料理

1・2おもてなし

2010年おもてなし料理は中華でスタートです。
中華をモダンに表現しますが中身はきちんと中華です。
◆くらげの冷製
基本の中華甘酢をマスター。保存のきくクラゲをおいしく戻して簡単な前菜をつくります。
◆ピータン豆腐 シトロン風
アヒルのたまご。ピータン。独特の香りにファンも多いのですが、今回は食べやすくアレンジです。
黄身でソースを作ってお豆腐に絡めていただきましょう。白身はゼリーのようにキラキラと。
3つの食感とお味が絶妙です。
◆海鮮おこげあんかけ
お焦げを揚げて・・・
出来立てのあんをかけると‘ジューッ’という音と香りのごちそう!
家族で・友人で・・・大人数で囲みたくなる食卓です。
◆ゆで豚の香味ソースかけ
豚肉を柔らかく仕上げて香味野菜でいただきます。花椒
の香りが食欲をそそります。
◆桂花茶のパンナコッタ~金柑ソース
きんもくせいの香りのお茶でパンナコッタを作ります。この時期ならではの金柑を簡単に甘煮にしてソースにしていただきましょう。

豚肉はついつい固くなってしまうことが多いもの。
ちょっとしたポイントを押さえれば驚くほど柔らかく仕上がります。
金柑はあまり調理したことのない方が多かったですね。
盛り付けも楽しんで。
女性も男性も大満足のヘルシー&ボリューム満点中華です。


2010-03-27 00:35:29投稿者 : Citron ヨーコ

料理教室プチシトロン  1月のおうちごはん  恵方巻きにチャレンジ!

1月おうち2
2010年の1月のおうちごはんは2月の節分に、「おうちで恵方巻きが作れるように」太巻きを中心としたメニューです。
太巻きを作るからには中の具もおいしく作っていきましょう。
卵焼きもレッスンの中で焼いていきます。かんぴょうも煮ますよ。
かんぴょうは初めて煮る方がほとんどでした。
おばあちゃんが作ってくれたようなお料理ですが、やっぱりおいしい基本の和食です。


一人づつ順番に卵を巻いていきます。
これは生徒さんが巻いているところ。
初めにしっかりレクチャーを受けるので皆さん上手に巻けています!

<1月のおうちごはん>
◆海老しんじょのお吸い物
昆布だしの取り方
お吸い物の構成について学びます。
日本人でよかった~という味わい。
お雛祭りや卒業、入学のお祝いにもぴったりですね。
◆鶏手羽元肉の煮物
お酢を加えて煮ることで短時間でお肉はほろほろと柔らかく。骨からうまみが出るので出汁いらずの便利な1皿。
家庭料理に煮物のレパートリーはいくつあってもいいもの。残った煮汁の活用法までお伝えします。
◆太巻き&裏巻き寿司
基本の酢飯の作り方、案外違っているものです。
一度習うと一生使えますね。
太巻きには・・・卵焼き・ホウレンソウのおひたし・人参の甘煮・かんぴょう煮の4種の具
ホウレンソウの絞り方や卵焼きの作り方。かんぴょうの扱い・・・一つのメニューにぎっしり充実の内容です。
まずは見本を見て、ポイントを習って・・・一人1本巻いていきます。
みなさん、初めてとは思えない出来栄えでした!
裏巻きはデモンストレーション
なにげなく目にしている裏巻きもこれで家庭で作れますね。
◆抹茶のパウンドケーキ
抹茶生地のパウンドケーキに黒豆を。テリーヌのような仕上がりがかわいいケーキ。
基本のパウンドケーキの作り方をマスターしながらアレンジも学べてしまいます。
周りはさっくり、なかはふんわり。
生クリームを添えていただきます。

~シトロンのこだわり~
手作りの味を大切にしていきたい・・・
お寿司に添えるガリやケーキに入れる黒豆もすべてお手製。
手作りはやっぱりおいしいな~の気持ちを大切にしていきます。

実践あるのみ!
太巻きや卵焼きのような誰もが知っているメニューこそ、きちんとおいしく作りたい。
ちょっとした技術がポイントなので、一人一人がきちんと実践できる場面を作っていきます。

今年の恵方は西南西。
みなさん太巻き頑張ってくださいね!




2010-01-22 17:23:46投稿者 : Citron ヨーコ

料理教室プチシトロン  お正月メニュー

正月料理






















お正月といえばお節料理。
四季・伝統が失われつつあるなか、お正月はふと伝統に浸りたくもなるもの。

お節料理を作っているご家庭は減少しているとか。
理由は「作っても家族が喜ばない」「作るのが大変」ほかにもいくつか上がってきます。

確かに保存を目的とした強い甘さは今の時代、好まれないかもしれませんね。
お砂糖が尊ばれる時代ではありませんし。
かといって、全くお正月の雰囲気がないのもさびしいのでお節を購入するご家庭も増えているようです。

無理せず、家族やお客様にも受け入れられるスタイルはいかがですか?
家族が好きなお節をいくつか取り入れて、あとはお正月らしく盛り付けてみる。
これならがんばりすぎなくてもちょっとできそうですね。

<プチシトロンのお正月メニュー>
◆京人参と春菊の白子ソース掛け
旬を迎える白子をソースに。いつものお浸しもおもてなしにグレードアップです。
◆紅白なます
アクセントは干し柿。上品に仕上げる人参と大根の黄金比、あるんですよ~。
丁寧な下ごしらえに、日本料理の心が感じられます。
◆いがぐり揚げ
遊び心あふれる一品。お魚のすり身を使って栗のかたちに仕上げていきます。
◆松風焼き
これならお節が苦手な方でも大丈夫!!
和風ミートローフのような味わいに仕上げます。包丁いらずの簡単人気メニューです。
◆かぶら蒸し雑煮
和食の基本、かぶら蒸しを学び、お雑煮に仕上げます。
出汁が利いた上品な味わいです。
蒸籠の使い方もマスターです。
◆黒ゴマのブランマンジェ
豆乳&黒ゴマを使ったヘルシーデザート。
お正月の疲れた胃にもやさしい口どけです。

プチシトロンでは毎年少しづつお節料理を取り入れていきます。
数年後には立派な御重が完成しますよ。
年末にお節料理を作ると、「来年もお料理がんばる!」という決意もできるものです。

今回はこんな小物にも手伝ってもらいました。

型抜きや懐敷、飾り楊枝など。
年末の築地で調達したものや京都のお土産など。
いつものお料理も季節感のある小物を使うとぐっと華やかになりますよ。

お正月、今年はひとつから手作りしてみませんか?

2009-12-26 21:18:34投稿者 : Citron ヨーコ

料理教室プチシトロン 12月のワイン会

12月シャンパン風景
料理教室プチシトロンでは不定期でソムリエールの村田歩さんをお迎えしてのワイン会を行っています。
毎回テーマを決めたワイン会。
今回のテーマは生徒さんからのリクエスト、
「クリスマス・お正月にいただくとっておきのシャンパン」

私はシャンパンが大好きで最後の晩餐にもいただきたいと思っているくらいなのですが、
ワインは好きでもシャンパンは別に~tいう声もありましたのでこれはぜひ、おいしいシャンパンに出会っていただきたいと思い開催いたしました。

料理教室ならではのワイン会。
まずはシャンパンにあうおつまみをシトロンがデモンストレーションでスタートです(写真上)
自宅ですので定員7~8名というアットホームさもいいのでしょうね。

シャンパンに合わせるおつまみは繊細さを意識してみました。

◆サーモン&ホウレンソウの一口パイ クリームチーズとこしょうがアクセントです。
◆ラ フランスの自家製コンポートのグラニテはシナモンの香りがアクセント。生ハムを添えておつまみ仕立てに。
◆ホタテのムニエルはシャンパンの泡をイメージしたソースを添えて
3品20分のスピードクッキング!
いつもは実習中心の料理教室ですが、デモンストレーションも大好きです。

さて、席をうつしてシャンパンをいただきます。

◆ベルエポック ペリエジュエ 2000
◆ベルナルド レミー デミセック
◆ベルナルド レミー ロゼ エクストラブリュット
◆ランソン ブラックラベル ブリュット

シャンパンのラベルの見方からひとつひとつの特徴を聞いていただくシャンパンは
会話をするように楽しめます。
また、シャンパンを使ったカクテルの実演まで!盛りだくさん。
少人数ならではのワイン会。普段抱えている疑問もその場で解決でしたね。

最後は洋風鯛飯を召し上がっていただき、みなさん心もお腹も大満足!

それぞれ好みのシャンパンをシチュエーションに合わせて選べそうですね。

おいしい料理に楽しい仲間。
そこにワインが加わればこの上ない至福の時間。

年末年始、楽しいひと時をお過ごしください。
ほんの少しのお手伝い、お役に立ててれば嬉しいです。



2009-12-13 16:40:32投稿者 : Citron ヨーコ

料理教室プチシトロン  クリスマスメニュー ~ローストチキンでメリークリスマス

クリスマス
街のイルミネーションに胸躍る季節となりました。
大人も子供もなんだかわくわく。
今年のクリスマスはおうちパーティーしませんか?
ローストチキンを囲めば家族も恋人も友人も・・・
あったかい気持ちになれるはず。

たまプラーザの料理教室プチシトロンではローストチキンとともに、楽しいクリスマスメニューをご提案します。
<クリスマスメニュー>
◆蟹とブロッコリーのジュレとカリフラワーのピュレのカクテル仕立て
キラキラ輝くクリスマスカラーのジュレを今が旬のカリフラワーと一緒にグラスに入れて。カクテルのように素材のマリアージュをお楽しみください。
◆ガルバンゾービーンズのディップをチコリボートにのせて
簡単・おいしいディップのレパートリーはホームパーティーにかかせません。
チコリの葉にのせれば手軽なフィンガーフードの出来上がり!
◆春菊のクリスマスサラダ
旬の春菊をサラダでいただきます。くるみのロースト&リンゴを添えて食感が楽しいサラダ。特製ドレッシングはピーナッツオイルを使っていきますよ。
◆ローストチキン
丸鶏の扱いをきちんと身につけます。お腹には洋風栗おこわを炊いて詰めていきます。
記憶に残る食卓を演出してくれることでしょう。
◆スノーホワイト グラスケーキ
お料理をがんばったら簡単にできるデザートもお楽しみのひとつ。
レアチーズケーキをグラスで固めてかわいく仕上げていきます。

今年のクリスマスは手作りで。
心をこめた食卓は大切な人の心にきっと残ってくれることでしょう。

*************************************
シトロンのこだわり!
①ローストチキンのスマートなさばき方もお伝えします。
お料理だけでなくサーブの仕方まで学べるのはレストラン出身の料理研究家ならではです。
②クリスマスカラーにこだわって!
お料理のカラーに赤・緑・白のクリスマスカラーをちりばめていきます。
それぞれの色のもつ意味もお伝えします。食卓の話題はつきません。


2009-12-06 15:11:38投稿者 : Citron ヨーコ

料理教室プチシトロン 11月のおもてなし料理 鴨のオレンジソース

11

秋から冬へ。
季節の移り変わりをこんなにも感じる月はないのでしょうか。

大地に育つ野菜は正直なもので根菜は日々甘みを増し、冬の訪問を知らせてくれました。
素直に受け入れて、素材のおいしさをダイレクトに感じていきたいものです。

11月のおもてなし料理はこれからのパーティーシーズンに活躍間違いなしの華やかなメニューが並びます。
そしてその中に、旬の根菜をたっぷりと入れ込んでみました。
牛蒡、さつまいも、紫いも、里芋、蓮根・・・
おばあちゃん料理のお馴染の素材をおもてなし料理に変身させてしまいましょう♪
<11月のおもてなし料理>
◆サーモンクリーム
フードプロセッサーで混ぜるだけの簡単なディップです。
今回はクラッカーにつけてお召し上がりいただいています。
シンプルな中にも食感や味のグラデーションがあり、「おいしい!」の声をたくさんいただいています。
◆温野菜のサラダ~特製HOTドレッシングで
旬の野菜をたっぷりと蒸籠で蒸し上げていきます。茹で野菜とは違ったお味&食感をお楽しみください。
特製ドレッシングはドレッシングの固定観念がかわりますよ!
◆ごぼうのポタージュスープ~カプチーノ仕立て
ごぼうの香りってこんないいいんですね~、と素材の力強さを感じられるスープ。
カプチーノのようにハンドラテで泡を作ってのせていきます。デミタスカップに入れて召し上がれ。
◆鴨のオレンジソース~マッシュスイートポテト添え
三ツ星レストランのスペシャリテにもなるような本格フレンチ。
鴨の絶妙な焼き具合を覚えたらおうちでレストラン気分を満喫できます。
付け合わせのスイートポテトマッシュはワンボールでできるすぐれもの。
◆クレープシュゼット
一人づつクレープを焼き、オレンジのソースにからめていきます。
ブランデーでフランぺして炎が上がると歓声があがります♪

みなさん、どんな場面で作ろうか~と想像を抱きながらお食事されていましたよ。

~シトロンのこだわり~
今回は赤ワインビネガー&白ワインビネガーを違う場面で使っていきました。
両方のビネガーの香りを感じてもらい、印象を言葉に出してもらう。
そう、そうすることでどんなお料理に赤ワインビネガーを使ったら効果的か、
白ワインビネガーのほうが合うのはどんなお料理かイメージできるようになります。
プチシトロンを卒業するころにはオリジナルレシピを考えられる力がつくように・・・

一緒に香りを感じて味見をして料理を自分のものにしていきましょう。




2009-11-28 22:52:10投稿者 : Citron ヨーコ

プチシトロンワイン会~ボジョレーヌーボーで乾杯


11月の第3木曜日。
そうですボジョレーヌーボーの解禁日です。
お祭り好きでワイン好きのシトロンにとってはとても楽しみなイベントのひとつ。

ワイン好きの友人を話をすると「ボジョレーは軽いから・・・」という声もよく聞かれます。
確かに熟成されたワインの重さはありません。
でも、ヌーボーだからこそのフレッシュ感を楽しむのも楽しいもの。
また、一言でボジョレーヌーボーといってもお味も様々なんです。

みんなにもっとボジョレーヌーボーの魅力を知ってもらおう♪
そんな思いで、料理教室プチシトロンの11月のワイン会は
「ボジョレーヌーボーで乾杯♪」
をテーマにボジョレーヌーボーを楽しみました。
ボジョレー会

ソムリエールの村田 歩さんをお招きしてのワイン会。
定員は8名とあっとホームな雰囲気で会は幕をあげます。

まずはボジョレーヌーボーに合わせたおつまみをシトロンが紹介。
30分という限られた時間で3品。デモンストレーション形式でのスピードクッキングです。
通常のレッスンではゆっくり丁寧に実習中心ですが、ワイン会では作っているところを見ていただくという、私にも楽しいレッスン♪
ボジョレーヌーボーとのマリアージュを考えて食材は事前にソムリエールと打ち合わせし料理にしていきます。
◆鮪のタルタル カクテル仕立て
◆ポークリエットのブルスケッタ
◆トマトとディルのバルサミコマリネ
ポークリエットは簡単においしく作れる方法を!
これからのパーティーシーズンにお役立ち間違いない簡単おつまみです。

クッキングデモンストレーションの後はダイニングテーブルに大移動。
さっそくボジョレーヌーボーで乾杯です


今回ご紹介したワインは4本。

ボジョレーヌーボーといってもお味はさまざま。
比較的若い樹のぶどうから作られたボジョレーヌーボーと100年の古樹のぶどうから作られたボジョレーヌーボーを比較。同じぶどうの品種で同じ地域で作られているのにお味の奥深さが違います。
もし、いつも購入するボジョレーヌーボーを「軽くてちょっと・・」と思っていらっしゃる方は古樹でつくられるVieilles Vignesという表記のものにチャレンジしてみては?きっと印象がかわりますよ♪
またボジョレーヴィラージュとボジョレー地域の違いを感じていただいたり、ボジョレーのヌーボーではないワインをお楽しみいただきました。

今回集まった8名の生徒さん。
ボジョレーは軽いものだけだと思っていた・・・という方がほとんどでしたが
会が終わるころにはボジョレーっておいしいんですね!と自分好みの1本に出会えたようでした。

ワインがなくなるころにお腹を満たしていただこうと毎回〆ごはんを作っています。
今回は寒くなりおいしくなってきたホウレンソウとスモークサーモンのクリームパスタ。
会の途中で写真を撮り忘れ、あわててシャッターを切ったときはお皿もグラスもきれいになっていました~。

みなさんどうもありがとうございました。
私もみなさんとボジョレーヌーボー解禁の乾杯ができたこととても楽しかったです。

楽しい仲間と囲む食卓。
そこにおいしいワインがあれば会話も楽しく料理もよろこびますね!
さあ、みなさんもボジョレーヌーボーで乾杯♪



2009-11-19 23:30:00投稿者 : Citron ヨーコ

料理教室プチシトロン 11月のおうちごはん

思い出の食卓。みなさんはなんですか?
誕生日の食事は母の手作りで育ったシトロン。
幼いころ、「誕生日のごはん、なにがいい?」と聞かれると必ず「ビーフストロガノフ」
と答えていたのを思い出します。

和食が中心だった家でしたが、母が料理教室で習ってきたビーフストロガノフはとても新鮮で、おしゃれに感じたのでしょうね。本格的なバターライスはレストランを思わせる味だったのを今でもよく覚えています。

11月生まれの私。
大人になっても11月になるとビーフストガノフを思い出すのです。
ちょっとした思い出の味を、ご一緒に。
11月おうちごはん
<11月のおうちごはん>
◆白いんげん」豆とビーツのサラダ
乾物のお豆を圧力なべで下ゆでします。ゆでたてのお豆の香りにみなさん笑顔。
ビーツは初めて!という方もたくさんいらっしゃいましたね。

◆鶏がらからとる、カリフラワーのチキンスープ
地鶏からとるチキンブイヨンは香り豊かで滋味深い味。
冷えた身体を心から温めてくれます。

◆ビーフストロガノフ&バターライス
牛すね肉を圧力なべで柔らかく煮込んでいきます。
保存しておくと便利なルーの作り方もマスター!
バターライスをおいしく炊き上げるコツもお伝えしていきます。

◆ロシアケーキ&ロシアンティー
ワンボールで出来てしまう簡単お菓子。
寒い季節は焼き菓子を作りたくなります。
ロシア風の紅茶と一緒にティータイムです。


~シトロンのこだわり~
ビーフストロガノフはロシアのお料理。
家庭料理であってもテーブルの統一感はほしいもの。
メニューのところどころにロシアっぽさをちりばめました。

豆を戻したり、鶏ガラをとったり。
今は缶詰やスープの素があるのでできなくてもお料理はできちゃいます。
本物のお味をぜひ、召し上がってみてくださいね。

2009-11-15 00:48:59投稿者 : Citron ヨーコ

料理教室プチシトロン 10月ハロウィンのテーブル

見た目からの印象は自分で思っている以上に大きいもの。

たとえば・・・お料理の味。
実際に「おいしい」と感じる味覚はたったの5パーセント。
五感のうちのごくわずかなんです。
その前に場の雰囲気や盛り付けなどで「おいしそう!」と脳に訴えるのが80パーセント以上なんです。

その見た目の判断もお皿の上だけでなく、無意識で環境をトータルして考えている。
脳はいつしか食に対してだけでなく場をトータルして判断し始めるのです。

「おいしそう!」
「ここで食事したい!」
「素敵な空間!」

まず、そう思っていただくことがとても大切
そこで・・・テーブルをコーディネートしていくわけです。

もちろん、お料理もおいしく仕上げていきますよ!

10月おもてなしテーブル1






















10月はハロウィンの月。
本来は霊がよみがえるという云われ。
日本のお盆のようなイメージなのでしょう。
送り火代わりのJyack o lantin。
いつしかかわいい楽しいお祭りになっていますね。

今月のテーブルはそんなイベントにふさわしく印象的に仕上げていきました。

大人だってわくわく。
ハロウィンパーティー楽しんじゃいましょう♪

手作りのプレゼントのかぼちゃに合わせて・・・
ブラウン&オレンジ。
秋の深まりを感じます。

素朴な素材をたくさん取り入れ、収穫をお祝いするようなイメージで。

みんなで頑張って作ったお料理を乗せたらほら、
ハロウィンパーティーの始まりです

料理教室プチシトロン。
おいしいお料理と楽しい空間がお待ちしています。

2009-10-24 20:53:08投稿者 : Citron ヨーコ
45件中   1 - 10 件表示 ( 全 5ページ )
1  2  3  4  5